メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

昭和外伝/7 楽士・中沢寅雄の手記(2) クラリネットを独学で /東京

 1930年9月にやっと年季が明けた後、中沢寅雄は「ただ漠然とした気持ちで」憧れていた東京に向かい、国電日暮里駅に降り立った。

 「谷中銀座を左に見て右に二百メートル程の処(ところ)に百軒長屋で熊さん八さんが住む長屋。私はがっかり失望」(中沢手記)。職業安定所に通ったが、「履歴書に川越尋常小学校一年で中退では職員もウン……」。

 本郷田町(現・本郷4丁目)に住む姉夫婦を頼って居候となったが、この姉の夫が「徳井勘次郎、本郷片町鈴…

この記事は有料記事です。

残り1508文字(全文1721文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです