メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

作家 鶴田知也 八景山自然公園(みやこ町国作) 創作から「農業」実践運動 /福岡

 社会主義者としてプロレタリア文学、農民文学を追究し、戦後は農業問題の専門家として実践運動に生きた異色の作家、鶴田知也。豊津村(現みやこ町)出身だが、アイヌの悲劇を描き第3回芥川賞を受賞した小説「コシャマイン記」をはじめ、作品の多くは北海道や秋田を舞台にした。そのため「私はよく出身地をまちがえられる。そうでないとわかっても『ああ奥さんがー』と食いさがられたりする」とエッセーにつづっている。

 故郷の碑は没後、生誕90年を記念して地元の顕彰事業推進委員会が建立した。「不遜なれば 未来の 悉(…

この記事は有料記事です。

残り1250文字(全文1496文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  4. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  5. 司法試験 合格者削減求めて声明 県弁護士会長 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです