メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン時代

検証・ロシアの今/3 「戦争を耐え抜いた記憶」 「不死の連隊」思想

「不死の連隊」の行進に参加し、赤の広場に向かう人々。2015年に始まった戦勝記念日の恒例行事だ=モスクワ・トベリ通りで2017年5月9日、杉尾直哉撮影

 「我々には、(第二次大戦に)勝利した世代、祖国のために命を落とした人々、戦後に国家を建設・復興させた人々に対し、道義的な責任がある」(2017年4月20日、モスクワで開かれた政府会議でのプーチン大統領の発言)

 ロシアの対ドイツ戦勝70周年となった15年5月9日、モスクワ中心部のトベリ通りには、おびただしい数の市民が集まった。大戦に従軍して戦死した遺族の顔写真を手に、赤の広場へ向かって行進した。目抜き通りいっぱいに広がる人々の流れは大河のようにも見えた。プーチン大統領も、父ウラジーミルさんの顔写真を手に、この行進に赤の広場で合流した。

 「不死の連隊」と呼ばれるこのデモ行進は、対独戦勝記念日に合わせて、その年、初めてモスクワで実施され…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文1076文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]