メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホ決済

3メガ銀連携 二次元コード「統一規格で」 実証実験へ

みずほと東邦銀の実証実験では入金したスマートフォン(右)を店舗のタブレット端末(左)の二次元コードにかざして決済する=横山三加子撮影

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FG、みずほFGの3メガバンクグループは、キャッシュレス社会の実現に向け、二次元コードを使ったスマートフォンでの決済・送金の普及に連携して取り組む。手始めに、みずほFGは15日、福島県の東邦銀行と二次元コードを用いたスマホ決済の実証実験を始めることを発表した。実験結果は、3メガが検討している二次元コードの統一規格作りにも反映させる考えで、スマホ決済の取り組みで先行するIT業界との主導権争いが本格化しそうだ。【横山三加子、宮川裕章】

 実証実験は、みずほ、東邦両銀行のいずれかの口座保有者を対象に、4月以降、順次開始する。スマホにイン…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1283文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです