メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災クイズカルタの読み札に合わせて、答えの絵札を探す=東京都千代田区富士見の法政大ボランティアセンターで2018年2月22日午前11時19分、荒木涼子撮影

 楽しく学びながら知識が記憶に残るように、法政大の学生ボランティア団体「チーム・オレンジ(チーオレ)」が、クイズと組み合わせたユニークな「防災クイズカルタ」を作った。立案者で法学部2年の大竹富弥彦(ふみひこ)さん(21)は「東日本大震災の教訓を全国に伝えるため考えた」と語る。

 ●絵のみ手がかりに

 「外にいるときに地震が起きた場合、どこが安全?」--。札を読み上げると、カルタ参加者が絵札33枚から答えを探す。「い、ろ、は」など文字は書かれておらず、絵のみ。それらしい“場所”を表すのは3枚で、法大キャラクター「えこぴょん」が(1)公園(2)交番(3)ガソリンスタンド--に逃げ込んでいる様子が描かれている。参加者からは「どれだろう?」の声。

 「答えはガソリンスタンド。消防法の厳しい設置基準をクリアしており、地震や火災に強い」と、大竹さんが…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1154文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 冬のボーナス 公務員県一般職、平均は88万3874円 /長崎
  2. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです