メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

ワールドシリーズ 坂井、寺内組3位

 日本初開催の飛び込みのワールドシリーズ富士大会が15日、静岡県富士水泳場で開幕した。男子シンクロ板飛び込みは坂井丞、寺内健組(ミキハウス)が391・29点で3位に入り、ワールドシリーズで日本勢初のメダルを獲得した。女子シンクロ高飛び込みは荒井祭里、板橋美波組(JSS宝塚)が295・29点で4位。男子シンクロ高飛び込みの井戸畑和馬、西田玲雄組(大阪水泳学校)と女子シンクロ板飛び込みの三上紗也可(米子DC)宮本葉月(高知DC)組は5位に終わった。4種目いずれも中国ペアが制した。大会は17日まで。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文659文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです