メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

ワールドシリーズ 坂井、寺内組3位

 日本初開催の飛び込みのワールドシリーズ富士大会が15日、静岡県富士水泳場で開幕した。男子シンクロ板飛び込みは坂井丞、寺内健組(ミキハウス)が391・29点で3位に入り、ワールドシリーズで日本勢初のメダルを獲得した。女子シンクロ高飛び込みは荒井祭里、板橋美波組(JSS宝塚)が295・29点で4位。男子シンクロ高飛び込みの井戸畑和馬、西田玲雄組(大阪水泳学校)と女子シンクロ板飛び込みの三上紗也可(米子DC)宮本葉月(高知DC)組は5位に終わった。4種目いずれも中国ペアが制した。大会は17日まで。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文659文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」
  4. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  5. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです