メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深い傷

ユッケ集団食中毒 妻と義母死亡 過失被害に補償なく

 「パパ……」。2011年4月下旬、富山県砺波市の病院のベッドで、小西由佳さん(当時43歳)は傍らの夫政弘さん(54)にそうつぶやくと、意識を取り戻すことなく5月4日に息を引き取った。その翌日には由佳さんの母美智子さん(同70歳)も死亡。いずれも生肉のユッケを食べたことによる食中毒死だった。

 小西さん夫妻は同年4月23日、家族5人で同市の焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす砺波店」を訪れた。当時高校2年の長女(23)の17歳の誕生日祝いで、たわいない会話に興じながら食事を楽しんだ。注文した料理にユッケがあった。

 異変が起きたのは2日後だった。当時中学3年だった長男(20)を皮切りに政弘さんを除く4人が腹痛など…

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
  4. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  5. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです