メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深い傷

ユッケ集団食中毒 妻と義母死亡 過失被害に補償なく

 「パパ……」。2011年4月下旬、富山県砺波市の病院のベッドで、小西由佳さん(当時43歳)は傍らの夫政弘さん(54)にそうつぶやくと、意識を取り戻すことなく5月4日に息を引き取った。その翌日には由佳さんの母美智子さん(同70歳)も死亡。いずれも生肉のユッケを食べたことによる食中毒死だった。

 小西さん夫妻は同年4月23日、家族5人で同市の焼き肉チェーン「焼肉酒家えびす砺波店」を訪れた。当時高校2年の長女(23)の17歳の誕生日祝いで、たわいない会話に興じながら食事を楽しんだ。注文した料理にユッケがあった。

 異変が起きたのは2日後だった。当時中学3年だった長男(20)を皮切りに政弘さんを除く4人が腹痛など…

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです