メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

中山11R・スプリングS/阪神11R・阪神大賞典 (日曜競馬)

末脚抜群、ゴーフォザサミット

 【スプリングS】ゴーフォザサミットは2走前の百日草特別を2歳コースレコードに0秒1差の時計で完勝。上がり3ハロン33秒6も優秀だ。前走共同通信杯は出遅れて後方からの追走となり、レース最速の33秒2の末脚で追い込んだが、4着が精いっぱいだった。速い流れなら際どい勝負に持ち込めていただろう。能力は重賞級。この舞台で未勝利を楽勝している点も心強い。

 強敵はステルヴィオ。マイルのサウジアラビアロイヤルC、朝日杯フューチュリティSでダノンプレミアムの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです