メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
プーチン時代

検証・ロシアの今/4 北方領土返還の「踏み絵」 「特別な日米関係」懸念

日露首脳会談のため首相官邸に到着し儀礼を受けるロシアのプーチン大統領(左)と安倍晋三首相=2016年12月16日、川田雅浩撮影

 「日本と米国には特別な性格の関係がある。日米安全保障条約の枠内で合意された責任だ。(北方領土問題を解決する場合に、日本が)日米関係をどう築こうとするのか。我々は知らない」

 2016年12月、ロシア大統領として11年ぶりに日本を公式訪問したプーチン氏。東京での安倍晋三首相との共同記者会見で、日露平和条約締結問題についての質問を受けた際、プーチン氏が焦点を当てたのは「日米の特別な関係」だった。

 プーチン氏は、極東の露太平洋艦隊が太平洋に出る通路が北方領土の周辺海域となっていることを指摘し、「…

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1016文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]