メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「会社に行きたくない」「疲れが取れない」「やる気が出ない」。そんな症状を訴え、病院を訪れる中高年の男性が増えている。潜在患者は600万人といわれる男性の更年期障害。第一人者の堀江重郎・順天堂大教授(泌尿器科)に聞いた。

 男性の更年期障害は、テストステロンという男性ホルモンの減少によって起きる。集中力の低下、イライラ、気力の低下、抑うつ、全身の疲労感、性欲減退、不眠、肩こりなど、さまざまな症状が現れ、「テストステロン減少症」や「加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群」と呼ばれる。

この記事は有料記事です。

残り1845文字(全文2086文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 保護施設に侵入し猫を虐待 防犯カメラに男の映像 三重・鈴鹿
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです