メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

元スパイ襲撃 露、英外交官23人追放 「さらなる報復も」

ロシア外務省を出る英国のブリストウ駐露大使=モスクワで2018年3月17日、ロイター

 【モスクワ杉尾直哉、ロンドン矢野純一】英国南部でロシア軍情報機関元幹部が狙われた暗殺未遂事件で、ロシア外務省は17日、英国のブリストウ駐露大使を呼び、ロシア駐在の英外交官23人を1週間以内に国外退去させるよう通告した。英政府が「事件にロシアが関与した」と断定し、駐英ロシア外交官23人の追放を決めたことへの報復措置。

 インタファクス通信などによると、ロシア側はさらに、露北西部サンクトペテルブルクの英総領事館の閉鎖や…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文916文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです