メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

張競・評 『銀座カフェー興亡史』=野口孝一・著

 (平凡社・2592円)

入念な資料収集と考証

 銀座の街を歩くと、耳にする言葉には外国語のほうが多くなった。その陰には目立たない変化がある。歓楽街から買い物天国への変貌だ。外国人観光客を惹(ひ)き付けたのはブランド品の豊富さであって、盛り場の妖しい灯火ではない。日本人にとっても銀座のことを歓楽街と思う人は少なくなったであろう。しかし、ひと昔まえ銀座といえば、連想されるのは酒場の華やかな光景であった。

 去る一月十日、銀座最古で唯一のキャバレーがついに閉店し、飲酒を専門とする店はバーやパブやスナックが…

この記事は有料記事です。

残り1215文字(全文1465文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]