メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『ビザンツ帝国 生存戦略の一千年』=ジョナサン・ハリス著

 (白水社・4536円)

他者をなじませ統合する

 完璧なフォームでバットを振ったにしても、球から三十センチも離れていたら様にならないだろう。同じように、どんなに筋の通った議論であっても、問い掛けそのものが適切でなければ、応答の説明も味気ないものになってしまう。

 「ローマ帝国の衰亡」については、古代の同時代人からして喧々囂々(けんけんごうごう)と議論されている。ゲルマン民族の侵入、キリスト教の普及、インフラの劣化などが取り沙汰(ざた)されるなかで、五世紀後半、西ローマ帝国が解体した。だが、東ローマ帝国はビザンツ帝国となり、千年後にオスマン帝国によって滅ぼされた。その千年間についてはどんな問い掛けがふさわしいのだろうか。

 三三〇年、僻邑(へきゆう)ビュザンティオンは新しく建設されて開都し、後にコンスタンティノープルとよ…

この記事は有料記事です。

残り1100文字(全文1461文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]