メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

佐藤優・評 『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』=五味洋治・著

 (文藝春秋・1620円)

「制裁と圧力」から「対話と妥協」へ

 北朝鮮情勢に通暁した日本人記者でも東京新聞の五味洋治氏には、特筆する業績がある。金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男氏(2017年2月にマレーシアのクアラルンプールで暗殺)と複数回、直接接触し、数多くのメールでの連絡を通じて独自の情報を得た経験から、金王朝の内在的論理を熟知していることだ。

 本書は、北朝鮮、韓国、中国、米国などでの丹念な取材と公開情報の徹底的な読み込みを通じて、金正恩氏の…

この記事は有料記事です。

残り1201文字(全文1430文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. ORICON NEWS 大阪城で“ナイトウォーク”『サクヤルミナ』12月オープン 渡辺直美「ワクワクしちゃう」
  4. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  5. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです