メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

晴れの日へのあざ治療=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 各地から桜の便りが届く季節となりました。小さなお子さんがおられるご家庭では、入園式・入学式に思いを巡らす時期でもあります。同時に、お子さんが集団生活に移行することに、不安を感じている親御さんもおられることでしょう。

 さて、今回はあざについてです。顔にあざがあるお子さんを持つ親御さんの多くは、入園式や入学式前に何とか治してあげたいと強く思うものだからです。

 あざは、生まれつき一部の皮膚が異常な色調を呈する病変です。毛細血管や日焼けの原因にもなるメラニンを…

この記事は有料記事です。

残り1017文字(全文1246文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 毎日放送 女性社員、同僚男性に盗撮されたと被害届
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです