メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギーテロ

憎しみ、何も生まぬ 妻失ったイスラム教徒

モハメド・エル・バシリさん(左)と妻ルブナさん=モハメドさん提供

 【ブリュッセル八田浩輔】イスラム過激思想に感化されたとみられる男たちによる襲撃で32人が犠牲となったベルギー同時テロから22日で2年となる。テロで妻ルブナさんを亡くしたモハメド・エル・バシリさん(37)は、モロッコ系イスラム教徒のベルギー人であることに苦悩を深めながら、残された3人の子供たちに「憎しみは何も生まない」と伝え続けてきた。他人を愛し、理解に努めることがイスラム教徒に課せられた本来の「ジハード」だと考えるからだ。

 あの日、イスラム学校の体育教師だったルブナさんは、いつも通りに地下鉄で出勤した。非番だった地下鉄運…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1095文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです