メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

沓形遺跡(仙台市) 防災に役立つ考古学へ

斎野裕彦さん=2018年3月6日、伊藤和史撮影

 仙台市若林区の沓形(くつかた)遺跡。第1次発掘調査の報告書は2010年3月に発行された。弥生時代中期(2000年前ごろ)、太平洋から約2キロ(現在は4キロ)内陸に位置していた水田が津波を受けて廃絶したと、そこには明記されている。

 収録された写真を見ると、白っぽい砂で広範囲に覆われている。これこそ海から運ばれた砂、津波堆積(たいせき)物である。

 報告から1年後、東日本大震災が起こった。

この記事は有料記事です。

残り1422文字(全文1616文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、2失点で4勝目
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  4. アメフット 関学大選手側が被害届 悪質タックルで負傷
  5. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]