メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきの歴史

沓形遺跡(仙台市) 防災に役立つ考古学へ

斎野裕彦さん=2018年3月6日、伊藤和史撮影

 仙台市若林区の沓形(くつかた)遺跡。第1次発掘調査の報告書は2010年3月に発行された。弥生時代中期(2000年前ごろ)、太平洋から約2キロ(現在は4キロ)内陸に位置していた水田が津波を受けて廃絶したと、そこには明記されている。

 収録された写真を見ると、白っぽい砂で広範囲に覆われている。これこそ海から運ばれた砂、津波堆積(たいせき)物である。

 報告から1年後、東日本大震災が起こった。

この記事は有料記事です。

残り1422文字(全文1616文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]