メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

オウム判決 涙は枯れない 最期まで見届ける 地下鉄サリン事件被害者の会代表世話人・高橋シズヱさん

 宗教団体を装ったテロ組織、オウム真理教による地下鉄サリン事件=1=から20日で23年の時を刻む。長大な時間を費やした刑事裁判が1月に終結し、元幹部13人に下された死刑の執行が焦点になっている。事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(71)は「早期の執行を」と口を真一文字に結ぶ。だが、その口調には、複雑な痛みも感じられた。【聞き手・隈元浩彦、写真・根岸基弘】

--長かった裁判が終結しました。振り返りどんな感慨を抱きますか。

この記事は有料記事です。

残り2837文字(全文3046文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]