メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

オウム判決 涙は枯れない 最期まで見届ける 地下鉄サリン事件被害者の会代表世話人・高橋シズヱさん

 宗教団体を装ったテロ組織、オウム真理教による地下鉄サリン事件=1=から20日で23年の時を刻む。長大な時間を費やした刑事裁判が1月に終結し、元幹部13人に下された死刑の執行が焦点になっている。事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(71)は「早期の執行を」と口を真一文字に結ぶ。だが、その口調には、複雑な痛みも感じられた。【聞き手・隈元浩彦、写真・根岸基弘】

--長かった裁判が終結しました。振り返りどんな感慨を抱きますか。

この記事は有料記事です。

残り2837文字(全文3046文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです