メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第67期王将戦七番勝負

第6局 解説・飯島栄治七段

解説・飯島栄治七段

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦した第67期王将戦七番勝負第6局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、長野県松本市など後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)は14、15日、同市の松本ホテル花月で行われ、巧みな駒さばきを見せた久保が堅い豊島陣を攻略して4勝2敗で防衛、2期連続4期目となった。通算4期は歴代4位タイ。形勢判断の難しい将棋を着実な指し手で制した第6局を、飯島栄治七段の解説で振り返る。【山村英樹】

 久保が第2局から3連勝して優位に立った今期七番勝負だが、第5局で豊島が2勝目を挙げて、流れが変わっ…

この記事は有料記事です。

残り3788文字(全文4050文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです