メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第67期王将戦七番勝負

第6局 解説・飯島栄治七段

解説・飯島栄治七段

 久保利明王将(42)に豊島将之八段(27)が挑戦した第67期王将戦七番勝負第6局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、長野県松本市など後援、囲碁・将棋チャンネル協賛)は14、15日、同市の松本ホテル花月で行われ、巧みな駒さばきを見せた久保が堅い豊島陣を攻略して4勝2敗で防衛、2期連続4期目となった。通算4期は歴代4位タイ。形勢判断の難しい将棋を着実な指し手で制した第6局を、飯島栄治七段の解説で振り返る。【山村英樹】

 久保が第2局から3連勝して優位に立った今期七番勝負だが、第5局で豊島が2勝目を挙げて、流れが変わっ…

この記事は有料記事です。

残り3788文字(全文4050文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井都タクシー “タクハラ”お断り 運送約款を変更
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中
  5. 長生マスクメロン 出荷始まる /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]