メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Catch

ボクシング 井上尚、拳に誓う3階級制覇 5月にWBAバンタム級王座戦

世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級タイトル戦でヨアン・ボワイヨを攻める井上尚弥(左)=横浜文化体育館で2017年12月30日、和田大典撮影

 プロボクシングの井上尚弥(大橋)が、5月25日に東京・大田区総合体育館で世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者のジェイミー・マクドネル(英国)に挑戦する。勝てば16戦目で、ライトフライ級、スーパーフライ級に続く3階級制覇となり、井岡一翔の持つ世界最速の18戦目を上回る。約3年半ぶりに挑戦者の立場となる井上尚は「バンタム転向1戦目にこんな大きなチャンスをもらって満足している」と意気込む。【倉沢仁志】

 「(バンタム級は)日本のファンになじみがあり、自分自身も小さい頃から数多く見てきた階級。そのステー…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文687文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです