メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第4部 新体制発足/下 「習氏の影」表舞台へ 経済で権力掌握、首相「凋落」

 「祖国と人民に忠義を尽くし、豊かで調和の取れた社会主義現代化強国の建設のために戦う」。19日発足した中国の新内閣。しかし、内閣を率いる李克強首相(62)の影は薄い。国内外で注目されたのは、副首相に指名され人民大会堂でこう宣誓した白髪交じりの人物だった。

 劉鶴・党中央財経指導グループ弁公室主任(66)。習近平国家主席(64)の「経済ブレーン」で、米ハーバード大学に留学経験もある。2人が知り合ったのは中学時代といわれ、親交は50年以上になる。

 習氏の外遊や重要会議などには影のように常に付きそう劉氏の姿があった。一方、自ら表舞台に立つ機会は少…

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1313文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです