メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップ登場

神戸製鋼所 山口貢・次期社長 組織横断「客観性」強み

山口貢・次期社長(60)

 「4月から社長をやってほしい。(品質データ改ざん問題の)再発防止と信頼回復に力を注いでほしい」。川崎博也会長兼社長からこう切り出されたのは今月7日。川崎氏が記者会見で引責辞任を表明した翌日だった。

 「びっくりした。こういう状況で大役を受けて良いのかと思った」と振り返る。一連の品質不正問題では、副社長として所管する機械事業部門でもデータ改ざんが見つかっていたからだ。ためらいはあ…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです