メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

本郷 和人・評『修羅の都』伊東潤・著

優しいだけでは無力 修羅にならなくては

◆『修羅の都』伊東潤・著(文藝春秋/税別1850円)

 私は一応、鎌倉時代の政治史、また鎌倉幕府の根本資料である『吾妻鏡』の専門家の一人である。だが、北条政子という人物はどうにも分からない。

 自ら産んだ男子を二人とも政争の中で失った、あるいは自らすすんで葬り去った彼女について、研究者の評価は二つに分かれる。肉親の情を殺して武士の政権を守り抜いた有能な政治家か。父の北条時政、弟の義時に利用され、北条家の覇権確立の道具となった哀れな女か。

 本書の解釈は断然、前者である。政子は頼朝をもっともよく知る人物であり、彼の理念に共鳴し、ともに修羅…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文911文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]