メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『ミュシャ パリの華、スラヴの魂』小野尚子、本橋弥生 ほか

大きな歴史のうねりの中で燦然と輝く「スラヴ叙事詩」

◆『ミュシャ パリの華、スラヴの魂』小野尚子、本橋弥生、阿部賢一、鹿島茂・著(新潮社とんぼの本/税別1800円)

 50年前の疑問がようやく解けた気がした。

 ミュシャの絵に初めて出会ったのは中学3年生の時だ。美しい女性がゆるやかなドレスを纏(まと)う姿にたちまち魅了され、絵はがきなどを買い集めた。

 そして1968年に、高校を卒業した私はプラハに留学した。ちょうどソ連率いるワルシャワ条約機構軍がチ…

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1534文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  2. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  3. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  4. コスモス 秋の大地、染め上げて 500万本見ごろ 兵庫
  5. ORICON NEWS DJイベントが銭湯救う?  “ダンス風呂屋”にかける担い手たちの思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです