メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

工藤 美代子・評『ミュシャ パリの華、スラヴの魂』小野尚子、本橋弥生 ほか

大きな歴史のうねりの中で燦然と輝く「スラヴ叙事詩」

◆『ミュシャ パリの華、スラヴの魂』小野尚子、本橋弥生、阿部賢一、鹿島茂・著(新潮社とんぼの本/税別1800円)

 50年前の疑問がようやく解けた気がした。

 ミュシャの絵に初めて出会ったのは中学3年生の時だ。美しい女性がゆるやかなドレスを纏(まと)う姿にたちまち魅了され、絵はがきなどを買い集めた。

 そして1968年に、高校を卒業した私はプラハに留学した。ちょうどソ連率いるワルシャワ条約機構軍がチ…

この記事は有料記事です。

残り1311文字(全文1534文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車田 丸い田んぼで輪を画くように田植え
  2. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  3. 長野・城山動物園 「キモ可愛い」サルのキーホルダー
  4. 加計学園 謝罪、説明なし「あり得ぬ」 愛媛知事が批判
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]