メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オリーブ地鶏

新たな特産、いよいよデビュー 県など開発、甘み・うまみが増 /香川

オリーブ飼料を与えて「オリーブ地鶏」として売り出される讃岐コーチン=香川県提供

 「讃岐コーチン」や「瀬戸赤どり」にオリーブ飼料を与えて甘みやうまみを増した地鶏が「オリーブ地鶏」と名付けられ、まもなく発売される。

 県畜産課によると、オリーブを使った地鶏の開発は2014年度に県などが着手。与えるのはオリーブ牛などと同様、オリーブ油を搾った残さから作る飼料。生後75~90日で出荷する讃岐コーチンや瀬戸赤どりに与えた場合、…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文425文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです