メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

電力王と呼ばれた昭和財界の重鎮…

 電力王と呼ばれた昭和財界の重鎮、松永安左エ門(まつなが・やすざえもん)が若い役人に脅されて平謝りした事件がある。2・26事件後の官僚統制に腹を立てていて、ある座談会で「官吏は人間のクズだ」と口をすべらせたのである▲これを聞いた内務官僚で、長崎県水産課長だった32歳の男が「陛下の忠良な官吏」を侮辱したと憤激する。ついにピストルを持ち出して松永に謝罪を求め、謝罪の新聞広告掲載や神社への寄付をさせたが、当人は罪に問われなかった▲「日本の近代13 官僚の風貌」(水谷三公(みずたに・みつひろ)著)はこれを統制経済下の「ピストル官僚の横行」と紹介している。こんな役人はごめんだが、「国民に忠実な官吏」としての気概ならもう少し持ってはどうかといいたくもなる昨今である▲財務省の文書改ざんで騒然とする中、今度は文部科学省が前川喜平(まえかわ・きへい)・前事務次官の中学校での授業内容の報告を名古屋市教委に求めた一件が波紋を呼んだ。背後に自民党議員がいて、市教委への質問内容にまで口をはさんでいたのだ▲つまりは国の機関を使っての教育現場への政治介入である。文科省の質問が居丈高(いたけだか)で、陰湿なのも、それで分かった。前川氏たたきが政権への忠義立てだったのなら、これ以上ないタイミングで政権の足を引っ張ったのが皮肉である▲この話の救いは授業の録音の提出などを拒み、やんわりと筋を通した教育現場のみごとな対応だった。政権と与党の顔色ばかりうかがっている中央官僚の目にはまぶしかろう、成熟した市民社会の良識である。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
    2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
    4. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
    5. 記者の目 バルサルタン事件 無罪判決=河内敏康(東京科学環境部)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです