メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『屍人荘の殺人』 今村昌弘さん

「貯金が底をつき始めていたので間に合って良かったです」と笑う今村昌弘さん=八木正撮影

 (東京創元社・1836円)

間に合った小説家デビュー

 昨年、鮎川哲也賞を「屍人荘の殺人」で受賞した今村昌弘さん。主人公は神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲。映画研究部の夏合宿に参加した夜、想像を絶する事態が起こり……。昨年10月に発売され、現在23万部のヒット。今村さんにデビューまでの道のりを聞いた。【井上志津】

 小説を書き始めたのは大学4年の時。国家試験の勉強の最中、「勉強がいやになって」始めたという。「以前…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1118文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]