メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『屍人荘の殺人』 今村昌弘さん

「貯金が底をつき始めていたので間に合って良かったです」と笑う今村昌弘さん=八木正撮影

 (東京創元社・1836円)

間に合った小説家デビュー

 昨年、鮎川哲也賞を「屍人荘の殺人」で受賞した今村昌弘さん。主人公は神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲。映画研究部の夏合宿に参加した夜、想像を絶する事態が起こり……。昨年10月に発売され、現在23万部のヒット。今村さんにデビューまでの道のりを聞いた。【井上志津】

 小説を書き始めたのは大学4年の時。国家試験の勉強の最中、「勉強がいやになって」始めたという。「以前…

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1118文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 石塚運昇さん死去、「ポケモン」オーキド博士後任は未定 10月1週目放送まで収録済み
  4. ORICON NEWS 石塚運昇さん訃報「ポケモン」関係者から悲しみの声 業界の垣根を越えて
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです