メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発見!中小輝業

タカオ(筑前町) 平田輝社長 「あさくら豚米」普及を

平田輝社長(45)

 「博多万能ねぎ」など野菜や果物の産地で知られる朝倉地域で、精肉・青果卸などを手掛けるタカオ(筑前町)。20歳で家業に入った2代目の平田輝(あきら)社長(45)は、地元産の米で育てた自社ブランド豚「あさくら豚米(どんまい)」の普及に力を入れている。

 きっかけは「メイン料理になる特産食材がほしい」という取引先飲食店からの声だった。小売価格が手ごろ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  3. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. 厚労省 風疹検査無料化、30~50代男性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです