メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発見!中小輝業

タカオ(筑前町) 平田輝社長 「あさくら豚米」普及を

平田輝社長(45)

 「博多万能ねぎ」など野菜や果物の産地で知られる朝倉地域で、精肉・青果卸などを手掛けるタカオ(筑前町)。20歳で家業に入った2代目の平田輝(あきら)社長(45)は、地元産の米で育てた自社ブランド豚「あさくら豚米(どんまい)」の普及に力を入れている。

 きっかけは「メイン料理になる特産食材がほしい」という取引先飲食店からの声だった。小売価格が手ごろ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]