メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発見!中小輝業

タカオ(筑前町) 平田輝社長 「あさくら豚米」普及を

平田輝社長(45)

 「博多万能ねぎ」など野菜や果物の産地で知られる朝倉地域で、精肉・青果卸などを手掛けるタカオ(筑前町)。20歳で家業に入った2代目の平田輝(あきら)社長(45)は、地元産の米で育てた自社ブランド豚「あさくら豚米(どんまい)」の普及に力を入れている。

 きっかけは「メイン料理になる特産食材がほしい」という取引先飲食店からの声だった。小売価格が手ごろ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
  3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
  4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]