メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発見!中小輝業

タカオ(筑前町) 平田輝社長 「あさくら豚米」普及を

平田輝社長(45)

 「博多万能ねぎ」など野菜や果物の産地で知られる朝倉地域で、精肉・青果卸などを手掛けるタカオ(筑前町)。20歳で家業に入った2代目の平田輝(あきら)社長(45)は、地元産の米で育てた自社ブランド豚「あさくら豚米(どんまい)」の普及に力を入れている。

 きっかけは「メイン料理になる特産食材がほしい」という取引先飲食店からの声だった。小売価格が手ごろ…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文455文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです