メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キタシロサイ

最後の雄が死ぬ ケニア、雌は2頭残るのみ

 ケニア中部のオル・ペジェタ自然保護区は20日、世界に1頭しか残っていない雄のキタシロサイが19日に死んだと発表した。キタシロサイは地球上で同じ保護区に2頭の雌が残るのみで、絶滅の恐れが高まっている。

     保護区によると、雄の名前は「スーダン」で、1973年生まれの45歳だった。加齢に伴う合併症などで体が衰えて立ち上がれなくなったため、職員が安楽死させたという。

     キタシロサイはかつてアフリカ中部に広く生息していたが、1970~80年代に中国などで角が漢方薬として珍重されたために密猟が横行し、激減した。研究者らは、保存された遺伝子を利用した体外受精による絶滅回避に望みをつないでいる。【高木香奈】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
    2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
    3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
    4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
    5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです