メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キタシロサイ

最後の雄が死ぬ ケニア、雌は2頭残るのみ

 ケニア中部のオル・ペジェタ自然保護区は20日、世界に1頭しか残っていない雄のキタシロサイが19日に死んだと発表した。キタシロサイは地球上で同じ保護区に2頭の雌が残るのみで、絶滅の恐れが高まっている。

     保護区によると、雄の名前は「スーダン」で、1973年生まれの45歳だった。加齢に伴う合併症などで体が衰えて立ち上がれなくなったため、職員が安楽死させたという。

     キタシロサイはかつてアフリカ中部に広く生息していたが、1970~80年代に中国などで角が漢方薬として珍重されたために密猟が横行し、激減した。研究者らは、保存された遺伝子を利用した体外受精による絶滅回避に望みをつないでいる。【高木香奈】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
    3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
    4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
    5. 東広島2男児殺害 刺し傷10カ所 母「交互に刺した」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです