メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界フィギュア

宮原ら入念に調整 21日ミラノで開幕

 フィギュアスケートの世界選手権は21日、イタリアのミラノで開幕する。20日に公式練習が行われ、21日の女子ショートプログラム(SP)に向け、平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)と樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が本番リンクで調整し、ジャンプを入念に確認した。

 SPの衣装で滑った宮原は「平昌の時以上の演技ができればメダルも目指せると思う。そのために気持ちの面やスケートの調子も合わせないといけない」と語った。五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)も練習した。SPの滑走順も決まり、宮原は最終37番、樋口は32番、ザギトワは34番で最終組に入った。

 男子は22日にSPが組まれており、練習リンクで五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は不調の4回転…

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文958文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです