メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 宮原、崩れず3位

 【ミラノ共同】フィギュアスケートの世界選手権第1日は21日、ミラノで行われ、女子で3大会ぶりの表彰台を狙う平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)がショートプログラム(SP)で74・36点の3位につけた。

 地元のカロリナ・コストナー(イタリア)が世界歴代3位の80・27点で首位に立ち、平昌五輪金メダルの15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が79・51点で2位。同五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は右足の痛みのため出場していない。

 五輪出場を逃した樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は65・89点で8位だった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです