メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 宮原、崩れず3位

 【ミラノ共同】フィギュアスケートの世界選手権第1日は21日、ミラノで行われ、女子で3大会ぶりの表彰台を狙う平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)がショートプログラム(SP)で74・36点の3位につけた。

 地元のカロリナ・コストナー(イタリア)が世界歴代3位の80・27点で首位に立ち、平昌五輪金メダルの15歳、アリーナ・ザギトワ(ロシア)が79・51点で2位。同五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は右足の痛みのため出場していない。

 五輪出場を逃した樋口新葉(東京・日本橋女学館高)は65・89点で8位だった。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文796文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安田さん解放 妻のMyuさん「本人だったら夢のよう…」
  2. 安田さん解放 首相、カタール、トルコに「感謝したい」
  3. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  4. 神戸 発砲音 拳銃2丁所持の男を逮捕
  5. 警視庁 ミスター東大出場の3年生、強制性交等容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです