メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

唇に歌なくしては=近藤勝重

 気の合った連中と集まり雑談していると、昭和歌謡の歌番組を見ている者が多いのにちょっと驚く。え、お前もか。うん、ぼくもだ、と話は弾み、やがて昭和最高の歌手は誰なのか、と盛り上がってくる。

 歌手だから、歌の上手か下手かが問題だが、女性では美空ひばりさんに落ち着く。ぼくあたりが、ちあきなおみさんの名を挙げても「ひばりが出せた裏声(ファルセット)の魅力が彼女にはない」などと言って相手は譲らない。ぼくもいろいろ言いつつ、内心ではやはりひばりさんかな、と思っているので、さしたるやりとりにはならない。

 歌の上手下手の分かれ目は音域、リズム感、声音によるとされるが、心で歌っているかどうか、ぼくにはそれ…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文902文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです