メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ザギトワ優勝 日本勢メダルなし 世界フィギュア
しまねのひと

フィギュアスケート審判の県職員 吉川敏彦さん /島根

フィギュアスケート審判員の資格を持つ島根県健康福祉部長の吉川敏彦さん=島根県庁で、長宗拓弥撮影

吉川敏彦さん(58)

 県スケート連盟理事長を務め、フィギュアスケートの指導者を30年以上続ける。県健康福祉部長の吉川敏彦さん(58)は、部下約600人と県内の医療や介護などの問題解決を目指す傍ら、日本スケート連盟の審判員の資格を持ち、浅田真央さんらの演技をジャッジしてきた。

 フィギュアとの出会いは広島大入学後。スケート部は、リンク営業前の早朝に練習があり、学業との両立ができる点が魅力だったという。アイスホッケーに興味があり、見学へ行くと「女子のフィギュアの先輩に強引に引っ張られた」と笑う。

 スケート経験はなく「よちよち歩き」からスタートした。しかし、先輩の許しが出るまでひたすらリンクを走…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです