メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

改定から22年 強制不妊手術 救済、ようやく緒に

旧優生保護法の下で強制された不妊手術について国に損害賠償を求めた訴訟を巡り会見する弁護士ら=仙台市青葉区で、喜屋武真之介撮影

 障害者らへの強制不妊手術を認めていた旧優生保護法(1948~96年)が母体保護法に改定されて22年。10代で手術を受けた宮城県の60代女性が国を提訴したのをきっかけに、超党派の議員連盟が発足するなど賠償と謝罪を求める動きが広まりつつある。しかし、手術を受けたとされる1万6475人のうち、資料が残るのは約2割にとどまる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです