メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

「星降る夜」を忘れない=鴨志田公男

 平昌五輪で連覇を果たしたフィギュアスケート男子の羽生結弦選手。気迫みなぎる本番の演技は圧巻だったが、エキシビションのしっとりとした滑りも忘れがたい。

 演目はサンサーンス作曲の「白鳥」にイタリア語の歌詞をつけた「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」。「東日本大震災から立ち直って皆さんが元気になるような演技」を目指した羽生選手の脳裏には、7年前の星空が、きっと浮かんでいたことだろう。

 3・11の夜、被災地では満天の星が見えた。大停電で明かりが失われたからだ。練習拠点の仙台市内で被災…

この記事は有料記事です。

残り982文字(全文1222文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです