メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 セシウム、食品基準超過5分の1 野生鳥獣はなお高く 12年度検査から

基準値を超過した食品別の件数

 東京電力福島第1原発事故で飛散した放射性セシウムの食品中の濃度について、全国の自治体が実施した2012年度から5年間の検査結果を厚生労働省の研究班が分析したところ、国の基準値を超過した件数は5分の1以下に減った。基準値超えの食品のほとんどは流通前の検査で判明し市場には出回っていないが、研究班代表の蜂須賀暁子・国立医薬品食品衛生研究所生化学部第1室長は「野生の鳥獣肉やキノコなどは今後も重点的な検査が必要」と指摘する。

 食品中の放射性セシウムについては、国のガイドラインに基づき17都県が検出される可能性の高い食品を流…

この記事は有料記事です。

残り1033文字(全文1293文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです