メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

温暖化で海面上昇

最大計2.5兆円の対策費必要、と試算

北九州港の太刀浦埠頭=北九州市門司区で2010年4月18日、本社ヘリから加古信志撮影

 地球温暖化で海面上昇や高潮の傾向が強まると、国内11の主要港湾で土地のかさ上げ工事などが必要になり、合計で最大計2兆5000億円の対策費が必要になるとの試算をシンガポールの調査会社が22日発表した。特に、千葉港の対策費は6600億円とアジア地域では最大で、今後、港湾整備計画を作る際には温暖化対策も考慮すべきだと指摘している。

 国連の「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)によると、世界気温が産業革命前より平均約4度上が…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文938文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです