メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュア

メダル圏内につけた宮原 最終戦で完全燃焼へ

フィギュアスケート世界選手権・女子SP

 惜しくも表彰台に届かなかった平昌五輪から約1カ月。日本女子のエース、宮原知子(関大)は「平昌の時以上の演技ができればメダルも目指せる」と意欲満々で今大会を迎えた。目標に突き進む芸者の姿を描いた映画「SAYURI」の音楽に乗って演じきり、メダル圏内につけた。

 得点源のルッツ-トーループの2連続3回…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文357文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  5. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです