メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィギュアスケート

世界選手権 宇野、濃密SP 右足痛、表現力でカバー 5位発進

 【ミラノ共同】フィギュアスケートの世界選手権第2日は22日、ミラノで行われ、男子ショートプログラム(SP)では平昌冬季五輪銀メダルで昨年2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)が右足甲に痛みを抱えながらもミスを最小限にとどめ、94・26点で5位発進した。ネーサン・チェン(米国)が101・94点で首位。右足首治療のために欠場した羽生結弦(ANA)に代わって出場した友野一希(同大)が自己ベストの82・61点で11位、平昌五輪代表の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)が80・17点で14位だった。

 痛めている右足で氷を突いて跳ぶ大技の4回転フリップを回避した。構成の難度を落とし、宇野は「ちょっと…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文736文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 島崎遥香 「リーガルV」に銀座ホステス役でゲスト出演 初共演の米倉涼子に興奮!
  2. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです