メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

新共通テストに民間英語試験 国は立ち止まって再考を=金秀蓮(東京社会部)

英語のリスニング機器が配られる大学入試センター試験の会場=東京都文京区の東京大で1月13日

東大は「使わず」 他大学にも不安

 2020年度に大学入試センター試験に代わって始まる大学入学共通テストに、英語の民間資格・検定試験が導入される。その活用法を巡り、公平性が確保できないと懸念する東京大学が10日、「合否判定に使わない」と表明した。民間試験導入には課題がたくさんあるのに、解決されないまま進められることへの焦りが表に出た形だ。多くの大学が同じ不安を抱く中、東大が投じた一石に、文部科学省は真摯(しんし)に向き合うべきだ。

 文科省が民間試験導入の方針案を公表した昨年5月以来、高校、大学の英語教員やテストの専門家に取材して…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2090文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです