メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱まで1年 吉田徹・北海道大教授(欧州政治)、遠藤乾・北海道大教授(国際政治学)の話

安保、再構築に課題 吉田徹・北海道大教授(欧州政治)

 今後、英国の離脱が現実化すると、EUと英国で安全保障上の役割分担や協力関係をどうするかという議論がポイントになる。北大西洋条約機構(NATO)で欧州が占める役割のうち、英国のプレゼンス(存在感)は大きい。EUの核であるドイツ、フランスにとって英国の政治・経済上離脱は受容できるが、安全保障上で果たす役割は無視できない。米国やロシアとの関係など情勢は不安定化しており、どう関係を再構築するかは微妙な問題だ。

 28加盟国では多すぎて意思決定できず、09年のユーロ危機や16年の難民危機が深刻化したとの反省が欧…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1064文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです