メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

景気ウオッチ・九州山口

空室率2%台続く見通し 三幸エステート福岡支店長・中村龍治氏

 2月の福岡市のオフィスビル空室率(三幸エステート調べ)は2・63%だった。前月比0・05ポイント増と4カ月ぶりに上昇に転じたものの、需要と供給のバランスが適正といわれる5%を下回り、主要なオフィスビルはほぼ空きがない状態となっている。

 規模別でみると、ワンフロアの貸室面積が200坪(約660平方メートル)以上で入居希望が多い「大規模ビル」は空室率が1・3%となり、1995年の統計開始以来で過去最低だった。全国の6大都市で比べると、東京23区(1・…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意
  4. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  5. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]