メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウマ女十番勝負

(2)高松宮記念 3年ぶりG1奪取へ、レッツゴードンキ

2017年の高松宮記念を制したセイウンコウセイ=JRA提供

 デジタル編集部の“真希バオー”こと中嶋真希記者が春のG1レース計12戦を予想する「ウマ女十番勝負」第2戦は、春の短距離王を決める高松宮記念(中京1200メートル、25日午後3時40分発走)。金鯱賞(3月12日)の週に中京競馬場を下見して、「もう中京の予想はおまかせ」と意気込む真希バオーですが……。競馬担当30年の松沢一憲記者の解説を交えて、競馬の楽しさをお届けします。

 中京競馬場で行われるG1レースは年2回。高松宮記念と秋のダート王を決めるチャンピオンズカップだ。コ…

この記事は有料記事です。

残り1595文字(全文1831文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式 
  3. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  4. マラソン・小出義雄氏が指導者勇退 高橋尚子さん、有森裕子さんら育てる
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです