メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

貧困地区ファべーラ出身市議射殺 治安悪化もうたくさん 政府に抗議デモ

 【サンパウロ山本太一】ブラジル・リオデジャネイロで今月中旬、地元の貧困地区「ファベーラ」出身の女性市議マリエリ・フランコ氏(38)ら2人が射殺された。左派人権活動家でもあるフランコ氏に反感を抱いていた犯罪組織の関与が疑われ、事件を防げなかった政府への抗議デモが地元では多発。追悼の動きは欧米各国にも波及し、ファベーラの治安回復を願う動きが国境を越えて広がっている。

 ブラジル有力紙「フォーリャ」によると、フランコ氏はファベーラで生まれ育った経験を生かし貧困や人種差…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1185文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです