メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル

貧困地区ファべーラ出身市議射殺 治安悪化もうたくさん 政府に抗議デモ

 【サンパウロ山本太一】ブラジル・リオデジャネイロで今月中旬、地元の貧困地区「ファベーラ」出身の女性市議マリエリ・フランコ氏(38)ら2人が射殺された。左派人権活動家でもあるフランコ氏に反感を抱いていた犯罪組織の関与が疑われ、事件を防げなかった政府への抗議デモが地元では多発。追悼の動きは欧米各国にも波及し、ファベーラの治安回復を願う動きが国境を越えて広がっている。

 ブラジル有力紙「フォーリャ」によると、フランコ氏はファベーラで生まれ育った経験を生かし貧困や人種差…

この記事は有料記事です。

残り952文字(全文1185文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. 訃報 中尾栄一さん88歳=元自民党衆院議員
  5. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです