メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

旧佐世保鎮守府(長崎県佐世保市) 西の要所に巨大無線塔

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)の無線塔=長崎県佐世保市で、玉木達也撮影

 明治時代に旧日本海軍の拠点「鎮守府(ちんじゅふ)」が設置され発展した長崎県佐世保市。同じく鎮守府が置かれていた神奈川県横須賀市、京都府舞鶴市、広島県呉市と共同申請し、2016年「日本遺産」に認定された。「日本近代化の躍動を体感できるまち」。そこには威信をかけて欧米列強に対抗した国の「光と影」が色濃く残っていた。

 遠く離れた公園から見ても、その大きさは異様だった。旧佐世保無線電信所(針尾送信所)の3本の無線塔。…

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  5. 東名あおり運転、被告に懲役23年求刑 遺族「苦しみ味わって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです