メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歴史散歩・時の手枕

旧佐世保鎮守府(長崎県佐世保市) 西の要所に巨大無線塔

旧佐世保無線電信所(針尾送信所)の無線塔=長崎県佐世保市で、玉木達也撮影

 明治時代に旧日本海軍の拠点「鎮守府(ちんじゅふ)」が設置され発展した長崎県佐世保市。同じく鎮守府が置かれていた神奈川県横須賀市、京都府舞鶴市、広島県呉市と共同申請し、2016年「日本遺産」に認定された。「日本近代化の躍動を体感できるまち」。そこには威信をかけて欧米列強に対抗した国の「光と影」が色濃く残っていた。

 遠く離れた公園から見ても、その大きさは異様だった。旧佐世保無線電信所(針尾送信所)の3本の無線塔。…

この記事は有料記事です。

残り1237文字(全文1444文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  4. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  5. 銀魂 最終回まで残り5話 15年の連載に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです