メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

残存産廃、来月調査へ 県1.7ヘクタールを筋状に掘削方針 /香川

 豊島(土庄町)の産業廃棄物処分地で1、2月に産廃汚泥が相次いで見つかった問題で、県は23日、処分地に残る産廃の有無を調べるため、4月上旬にも掘削調査を始めると発表した。地下水浄化など他の作業と調整しつつ数カ月で終えたい考え。ただ、一部区画は難航する地下水対策を終えた後に掘るため、調査時期のめどが立たないという。

 県廃棄物対策課によると、調査対象は処分地(約6・9ヘクタール)のうち、地下水対策で大きく掘る箇所や…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文516文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  2. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  3. ロシアW杯 サッカー MVPゴールデンボール賞 モドリッチ最有力か
  4. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  5. ロシアW杯 フランスが5大会ぶり2回目の優勝

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]