メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

国有地売却問題 文書改ざん 「公文書管理法改正を」 与野党から要望

公文書の管理を巡る動き

 学校法人「森友学園」の国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題を受け、与野党から公文書管理法の改正を求める声が出始めた。安倍晋三首相は23日、各行政機関で改ざん防止のため電子決裁システムへの移行を加速し、公文書管理を見直すことも指示。しかし世論の批判を意識する国会からの「圧力」が強まり、政権が追加の再発防止策を迫られる可能性がある。【遠藤修平、真野敏幸】

 首相は23日の閣議後の閣僚懇談会で「行政全体の信頼が損なわれたことは痛恨の極み。問題点を洗い出し、…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです