メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト大統領選

「公正選挙」行われぬ 立候補断念のサダト氏

エジプト大統領選出馬断念の経緯を語るサダト元国会議員=カイロで2018年3月15日、篠田航一撮影

 【カイロ篠田航一】今月26~28日投票のエジプト大統領選への立候補を断念したモハメド・サダト元国会議員(62)が毎日新聞の取材に応じた。シシ政権下では「公正な選挙が行われない」と撤退理由を述べ、言論の自由が脅かされる現状に懸念を示した。

 サダト氏は、イスラエルとの和平を進めてノーベル平和賞を受賞し、1981年に暗殺されたサダト元大統領のおい。機密文書の外国漏えい疑惑で昨年2月に国会議員から解任された。本人は疑惑を否定している。

 サダト氏は立候補条件の国会議員20人の推薦を集めようとしたが議会側に拒否され今年1月に立候補を断念…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです