メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト大統領選

「公正選挙」行われぬ 立候補断念のサダト氏

エジプト大統領選出馬断念の経緯を語るサダト元国会議員=カイロで2018年3月15日、篠田航一撮影

 【カイロ篠田航一】今月26~28日投票のエジプト大統領選への立候補を断念したモハメド・サダト元国会議員(62)が毎日新聞の取材に応じた。シシ政権下では「公正な選挙が行われない」と撤退理由を述べ、言論の自由が脅かされる現状に懸念を示した。

 サダト氏は、イスラエルとの和平を進めてノーベル平和賞を受賞し、1981年に暗殺されたサダト元大統領のおい。機密文書の外国漏えい疑惑で昨年2月に国会議員から解任された。本人は疑惑を否定している。

 サダト氏は立候補条件の国会議員20人の推薦を集めようとしたが議会側に拒否され今年1月に立候補を断念…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  4. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
  5. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです