メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト大統領選

「公正選挙」行われぬ 立候補断念のサダト氏

エジプト大統領選出馬断念の経緯を語るサダト元国会議員=カイロで2018年3月15日、篠田航一撮影

 【カイロ篠田航一】今月26~28日投票のエジプト大統領選への立候補を断念したモハメド・サダト元国会議員(62)が毎日新聞の取材に応じた。シシ政権下では「公正な選挙が行われない」と撤退理由を述べ、言論の自由が脅かされる現状に懸念を示した。

 サダト氏は、イスラエルとの和平を進めてノーベル平和賞を受賞し、1981年に暗殺されたサダト元大統領のおい。機密文書の外国漏えい疑惑で昨年2月に国会議員から解任された。本人は疑惑を否定している。

 サダト氏は立候補条件の国会議員20人の推薦を集めようとしたが議会側に拒否され今年1月に立候補を断念…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです