メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳴動フィンテック

第3部 挑戦者の素顔/下 17歳、こたつで発想 多彩な人材、金融業変える

オフィスのこたつでスマートフォンを触りながらアイデアを練るワンファイナンシャルの山内奏人CEO=東京都港区の同社で2018年2月、岡大介撮影

 東京有数の繁華街・六本木のビルの一室に、ITと金融が融合したフィンテックのベンチャー「ワンファイナンシャル」のオフィスがある。デスクに交じってこたつが置かれているのが、自由なベンチャーらしい。そこに座ってアイデアを練るのが、高校生で最高経営責任者(CEO)の山内奏人(そうと)(17)だ。

 他の社員3人は20~30代。山内は放課後などに出社し、経営や開発の判断も下すが、「立場はみな対等。どちらかというと、僕だけ下かも」と冗談気味に話す。こたつで事業について皆で話し合うのが「楽しい」と言う。

 7歳のころから、家のパソコンを使い、独学でプログラミングを学んだ。12歳ごろから知り合いの大学生の…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1203文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです