メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 三味線栗毛(東京・大手町)

春風亭一之輔さん。中央奥は大手門=東京都千代田区で、竹内紀臣撮影

骨相に そんたくなし

 お殿様が出てくる落語は少なくないが、実在した姫路藩主の酒井雅楽頭(うたのかみ)の名前で登場するのが落語「三味線栗毛」。その雅楽頭の屋敷があった東京・大手町かいわいを、春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 大名の酒井雅楽頭の次男角三郎は親に疎まれ、大塚の下屋敷に家臣と気ままな暮らし。ある日、ひいきにしていた按摩(あんま)の錦木(にしきぎ)に「大名になる骨相」だと言われ、「自分がもし大名になったら(盲人の最高位である)検校(けんぎょう)にしてやる」と約束をする。錦木が風邪をこじらせて伏せっている間に事態は変わり……。

 元は講釈とされる。「錦木と角三郎って、どっちもはぐれ者だったんで気が合ったんでしょう。按摩って心を…

この記事は有料記事です。

残り2027文字(全文2344文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  4. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  5. 寝屋川中1殺害初公判 突然土下座、泣いて謝罪も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです